言語聴覚士 奥住啓祐

言語聴覚士のための STセミナー講師

日本リハビリテーション医学会

言語聴覚士の奥住啓祐です。

 

 3日間、岡山で開催されていた日本リハビリテーション医学会に参加してきました。

学会2日目の夜にはSkypeでの視覚機能の発達の勉強会もありかなり濃ゆい3日間となりました。

f:id:keisuke0764:20170610192644j:image

13会場での同時進行なのでどの講演を聞きに行くかかなり迷いましたが、いや〜おもしろかった!

 

特に発達系の教育講演や最終日の日本脳性麻痺研究会での成人期の発達障害の内容が興味深かったです。

 

最終日のMRIを用いた実際の骨関節の動きを見たときはテンション上がったー。

頚椎、肩甲上腕関節、肩甲骨、舟状骨、橈骨、仙腸関節などの動きが見れて、その場で実技やりたい欲求が(´ω`)

特に頚椎の回旋・側屈と肩甲上腕関節の動きはおもしろかったので、帰ってからさっそく動きを感じてみたいと思います。

 

ちょっと脱線しちゃいましたが

ここ最近、発達障害関連の論文や書籍で学んだこともリンクできたし、今後の臨床で私自身どのように関わって行くかを考える良い機会になりました。

 

成人領域と一緒でやはり小児もアセスメントが大切ですね。

 

支援に原則、一貫性、具体性をもたせられるよう、関わる方が支援できる水準まで嚙みくだき、伝えることが必要。

 

 災害時のリハビリテーションに関する講演で生活不活発病(廃用症候群)という表現を知ったのですが、

 

生活不活発病だったら予防のためには生活を活発にしたらいいとイメージできます。(たとえば災害時に車中泊をなくすなど)

 

小児にしろ成人にしろ

アセスメントを行い

周りでサポートしている方々に伝わるように説明する事を意識してまた来週から臨床頑張ります!

 

 

来週はSTセミナーのフォローアップ研修会です♬

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 


奥住啓祐
言語聴覚士 メンタルヘルス

 

 

STセミナーのLINE@を作りました♫

ブログの内容よりちょっとマニアックな内容を配信できたらと思います。

セミナーの案内を早く知りたい方

ブログ更新情報を受け取りたい方は登録をお勧めします。

LINE@ID:@aer0053h

 

○紹介

私も訪問やデイサービスでの初期評価時に活用させて頂いている

荒木謙太郎先生のスクリーニングテスト「STAD」をまだご存知ない方はこちらからどうぞ!

⇒ STAD公式ホームページ - 言語障害スクリーニング STAD

 

 

言語聴覚士ブログランキングに参加してます。
画像をクリックして頂けると嬉しいです。


言語聴覚療法ランキング



今年も全国で
言語聴覚士のためのSTセミナーを今年も開催予定です。

各会場の申込み受付はLINE@登録者から優先的に受け付けを行います。

(STセミナー予定)
5月20日、21日   福岡  終了

7月1日、2日    大阪  残り7名

9月2日、3日    愛知  残り6名

9月30日、10月1日 札幌  受付準備中

10月14日、15日  仙台  受付準備中

1月27日、28日   沖縄  受付準備中
 

詳細は下記の記事をご参照ください。


st-keisuke.hatenadiary.jp

 

言語聴覚士ブログランキングに参加してます。
画像をクリックして頂けると嬉しいです。


言語聴覚療法ランキング



(過去開催したセミナー)
言語聴覚士むけSTセミナー(呼吸発声編、摂食嚥下編、セラピストの体作り、頭蓋)

理学療法士むけ刺激に対する反応セミナー ~タッチの質向上~
社会福祉法人の職員むけ研修(摂食嚥下、失語症
・デイサービスの職員向け研修 (サービスの質向上のためには)

訪問看護ステーションの職員向け研修(摂食嚥下障害)
・訪問STについて
・疾病予防について
・自律神経の見える化の意義
・自律神経調整法について
パーキンソン病と摂食嚥下障害の