言語聴覚士 奥住啓祐

言語聴覚士のための STセミナー講師

気付く力

今年から不定期で開催しているSTスキルアップ研修。

 

そこでは1人でご利用者の方を前にした時に、
自分で考えて介入していける実践力を鍛えています。

 

その実践力の根底は「気付く力」。

 

点と点をつなげる力。

 

刺激に対する反応に気付き、
自分で一歩を踏みだす力。

 

Aにはbをしましょうという単純なものを求めている方には間違いなく合いません。

 

「気付く力」

 

その奥深さ、楽しさを知ってしまったSTさんが必然的に全国から集まってきます。

 

そんなメンバーが集まるので、
今回も研修の中でたくさんの驚きと発見がありましたね。

 

気付きはいつも、私たちが無意識に持っている「思い込み」を壊してくれます。

 

今回あらためてSTさんであっても舌の問題があり、
非効率な飲みこみ方、話し方をしている方が多いという事に気付けました。(約半分のSTさんに問題がありました。)

 

そしてそれらは、ちゃんと「良くなる」という事も共有できました。

 

来年また全国を飛び回りますが、
STセミナーの中でSTさんの口の問題をしっかり評価していきます。

 

正直、舌の問題があるSTさんはラッキーです。

 

今後の言語聴覚士としての人生の中で宝物となる経験ができるからです。

 

舌が動かしやすくなる。
話しやすくなる。
飲みこみやすくなる。
咀嚼をする時にしっかり舌が動くようになる。

 

これらが自分の体で体感できます。

 

人によっては口腔外からの舌の調整で10秒かからず上記4項目が体感できる方もいらっしゃいます。

 

「こんなことで変化するんだ。」
「舌ってこんなに奥深いんだ。」
「もっと楽に話せるんだ。」

 

と自分の体で体感できると、学ぶことが楽しくなります。
臨床での在り方が変化してきます。

 

これからも気付く力の種をまいていきます。

 

 

 奥住啓祐

 

STセミナーのLINE@を作りました♫

セミナーの案内を早く知りたい方

ブログ更新情報を受け取りたい方は登録をお勧めします。

LINE@ID:@aer0053h

 

○紹介

私も訪問やデイサービスでの初期評価時に活用させて頂いている

荒木謙太郎先生のスクリーニングテスト「STAD」をまだご存知ない方はこちらからどうぞ!

 ⇒ STAD公式ホームページ - 言語障害スクリーニング STAD

 

 

言語聴覚士ブログランキングに参加してます。
画像をクリックして頂けると嬉しいです。


言語聴覚療法ランキング


 
今年も全国で
言語聴覚士のためのSTセミナーを今年も開催予定です。

各会場の申込み受付はLINE@登録者から優先的に受け付けを行います。
 
(STセミナー予定)
5月20日、21日   福岡 終了

7月1日、2日    大阪 終了

9月2日、3日    愛知  修了

9月30日、10月1日 札幌  終了

10月14日、15日  仙台 終了

10月25日     終了

 年明け予定 沖縄 受付準備中
  

詳細は下記の記事をご参照ください。

 

言語聴覚士ブログランキングに参加してます。
画像をクリックして頂けると嬉しいです。


言語聴覚療法ランキング



 
奥住啓祐
言語聴覚士 メンタルヘルス
 
○過去開催したセミナー
言語聴覚士のためのSTセミナー(呼吸発声編、摂食嚥下編、セラピストの体作り、頭蓋)

理学療法士のための「刺激に対する反応」セミナー

社会福祉法人の職員むけ研修(摂食嚥下、失語症
・デイサービスの職員向け研修(サービスの質向上のためには)

訪問看護ステーションの職員向け研修 (摂食嚥下障害)

・訪問STについて
・疾病予防について
・自律神経の見える化の意義

・自律神経のセルフケア
・自律神経調整法について
パーキンソン病と摂食嚥下障害

舌の調整ワークショップ in居酒屋さん

口腔外からの舌の調整法を通して多くの気付きがあり、私自身とても驚いています。

 

今日はそんな驚きリストの中でもこれは面白いなぁと思ったことをシェア♪

 

「健常者であっても口腔期で舌をきちんと使えていない」

 

舌の調整後に前屈しやすくなったり、歩行時の足の上りが軽くなったりという変化がある事については以前お話しましたが、そもそも舌が変化する事で食べる時になにか変化がないのだろうかと思いさっそく実験。

 

クッキーなど固形物を舌の調整前後に食べてもらうと、健常者であっても明らかに調整後に舌の動きに変化を感じる方が意外と多いのに気づきました。

 

まず最初に感じるのは「口の中に舌がしっかり存在している」という感覚。

 

そして「舌の位置が自然と高くなっている」こと。

 

さらに食物が口腔内に入ってきた時に、「しっかり舌が動いている」こと。

 

ちなみに私自身も自分の舌を調整して食べてみると、こんなに舌が使えてなかったのかと思うほど、食べた後に舌が疲れました。

 

おそらくこれまで使えてなかった舌の筋肉をフル稼働させた結果じゃないかなと考えています。

 

舌の調整後は食べること自体が舌のトレーニングとなります。

 

という事で昨夜は、愛知から福岡に来ていたPTさんと居酒屋でおいしいものを食べながら熱く語っていたので、もつ鍋の〆のちゃんぽん麺を使用し、舌の調整ワークショップを開催(笑)

 

調整の時に口を開ける必要もなく、1分もあれば十分なので場所を選ばないのはメリットですね。

 

今までいろんな体感型ワークをしてきましたが、舌の調整ワークショップは一番面白くて、STっぽくて(←ここ大事)好きです。

 

これから一緒にご飯食べに行った際に突然、舌の調整ワークショップが始まったらぜひお付合いください♪

 

本来の舌の動きを思い出すきっかけになると思います♪

 

 

 奥住啓祐

 

STセミナーのLINE@を作りました♫

セミナーの案内を早く知りたい方

ブログ更新情報を受け取りたい方は登録をお勧めします。

LINE@ID:@aer0053h

 

○紹介

私も訪問やデイサービスでの初期評価時に活用させて頂いている

荒木謙太郎先生のスクリーニングテスト「STAD」をまだご存知ない方はこちらからどうぞ!

 ⇒ STAD公式ホームページ - 言語障害スクリーニング STAD

 

 

言語聴覚士ブログランキングに参加してます。
画像をクリックして頂けると嬉しいです。


言語聴覚療法ランキング


 
今年も全国で
言語聴覚士のためのSTセミナーを今年も開催予定です。

各会場の申込み受付はLINE@登録者から優先的に受け付けを行います。
 
(STセミナー予定)
5月20日、21日   福岡 終了

7月1日、2日    大阪 終了

9月2日、3日    愛知  修了

9月30日、10月1日 札幌  終了

10月14日、15日  仙台 終了

10月25日     終了

 年明け予定 沖縄 受付準備中
  

詳細は下記の記事をご参照ください。

 

言語聴覚士ブログランキングに参加してます。
画像をクリックして頂けると嬉しいです。


言語聴覚療法ランキング



 
奥住啓祐
言語聴覚士 メンタルヘルス
 
○過去開催したセミナー
言語聴覚士のためのSTセミナー(呼吸発声編、摂食嚥下編、セラピストの体作り、頭蓋)

理学療法士のための「刺激に対する反応」セミナー

社会福祉法人の職員むけ研修(摂食嚥下、失語症
・デイサービスの職員向け研修(サービスの質向上のためには)

訪問看護ステーションの職員向け研修 (摂食嚥下障害)

・訪問STについて
・疾病予防について
・自律神経の見える化の意義

・自律神経のセルフケア
・自律神経調整法について
パーキンソン病と摂食嚥下障害

舌の調整 Skype勉強会での講師

 

今年もSTセミナーの講師として全国飛びまわりましたが、今年の後半は全国から福岡へSTさんが学びに来てくれるようになりとても嬉しく思います。

今月に開催予定のSTセミナー受講者のためのスキルアップ研修にも様々な地域からSTさんが参加予定です♪

 

さて今年から参加させて頂いているSkypeでの発達勉強会で講師をさせて頂きました。

テーマは「舌への影響、舌からの影響」

北海道から沖縄の歯科医師さん、歯科衛生士さん、助産師さん、STさんなどに参加して頂き、2時間楽しく学んでいきました。

 

健常者であっても意外と舌に余計な緊張が入っている方は多く、

勉強会でも皆さんにいろいろなワークを通して、自分の舌の緊張やちょっとした事で余計な緊張が抜けるのを体感してもらいなが盛り上がりました♪

 

今後、歯科医師さんなどへ向けた実技研修を多くの方から要望頂いており、準備を進めていきたいと思います。

 

要望の中で多かったのが口腔外からの「舌の筋緊張の調整法」についてでした。

STセミナーで今年から導入した難しい実技のさらに上級版として先月開発した舌の調整、口唇閉鎖の促通、内喉頭筋の調整。

 

この中でも特に子どもの硬くなっている舌を緩めるのに舌の調整法を活用したいとの要望を頂きました。

 

セミナーでお伝えしている動的な頸部回旋手技と組みあわせるとより効果が高いのではと考えてまして、今後様々な介入を通して検証していこうと思います。

 

 実際に健常者の方で表情筋の左右非対称性が強い方に対して、10秒程度の舌の調整後に非対称性が明らかに解消された方も体験しました。

 

舌介入後に表情筋が緩む方、腰が緩む方、脊柱の柔性が向上する方など様々で、やはり舌からの影響とても興味深いです。

 

 

 

 奥住啓祐

 

STセミナーのLINE@を作りました♫

セミナーの案内を早く知りたい方

ブログ更新情報を受け取りたい方は登録をお勧めします。

LINE@ID:@aer0053h

 

○紹介

私も訪問やデイサービスでの初期評価時に活用させて頂いている

荒木謙太郎先生のスクリーニングテスト「STAD」をまだご存知ない方はこちらからどうぞ!

 ⇒ STAD公式ホームページ - 言語障害スクリーニング STAD

 

 

言語聴覚士ブログランキングに参加してます。
画像をクリックして頂けると嬉しいです。


言語聴覚療法ランキング


 
今年も全国で
言語聴覚士のためのSTセミナーを今年も開催予定です。

各会場の申込み受付はLINE@登録者から優先的に受け付けを行います。
 
(STセミナー予定)
5月20日、21日   福岡 終了

7月1日、2日    大阪 終了

9月2日、3日    愛知  修了

9月30日、10月1日 札幌  終了

10月14日、15日  仙台 終了

10月25日     終了

 年明け予定 沖縄 受付準備中
  

詳細は下記の記事をご参照ください。

 

言語聴覚士ブログランキングに参加してます。
画像をクリックして頂けると嬉しいです。


言語聴覚療法ランキング



 
奥住啓祐
言語聴覚士 メンタルヘルス
 
○過去開催したセミナー
言語聴覚士のためのSTセミナー(呼吸発声編、摂食嚥下編、セラピストの体作り、頭蓋)

理学療法士のための「刺激に対する反応」セミナー

社会福祉法人の職員むけ研修(摂食嚥下、失語症
・デイサービスの職員向け研修(サービスの質向上のためには)

訪問看護ステーションの職員向け研修 (摂食嚥下障害)

・訪問STについて
・疾病予防について
・自律神経の見える化の意義

・自律神経のセルフケア
・自律神経調整法について
パーキンソン病と摂食嚥下障害

STセミナーIN仙台

今回、初めて仙台でSTセミナーを開催しました。

今年から始めた「刺激に対する反応」というテーマ。

 

セミナーをする度に私自身どんどん成長していて、

おかげさまで仙台では今年一番の内容を提供できたと思います。

 

かなり不思議な体験もいっぱいしていただきましたね笑

 

特に今回は初めて披露する手技もありました。

瞬間舌弛緩法(仮)

 

これまで全身からの頭頚部、胸郭への影響を伝えてきましたが、

もちろん舌や嚙み合わせから全身へも影響していきます。

ですからずっと直接舌を触らずに舌の調整ができないかと思考錯誤していたところ、

2週間前にようやく今回の方法にたどり着いたんです。

 

手技を始めて3秒~10秒程度でバターが溶けるように舌が緩むのですが、

この手技の面白いのは舌以外の筋も緩むことです。

どんな筋が緩むかは人それぞれで、

表情筋が緩む方、腰が緩む方、下肢が軽くなる方、前屈が10センチくらい変わる方と様々。

 

これは予想なのですが舌以外が緩む方は、日ごろ舌を使う時に無意識にそれらの筋なども緊張させてしまっているのではないかと考えています。

 

舌の余計な緊張が抜けた後は一気に声の響きが良くなる方もいらっしゃいます。

毎回どんな反応が返ってくるかが楽しみなんです。

 

そうそう、こう書いている間にも瞬間舌弛緩法の応用バージョン(顎関節バージョン)を思いつき自分の体で実験して楽しんでいます♪

 

いろんな方に体感してもらって、検証していきたいです。

 

さて今回の仙台セミナーはいつもより少人数だったこともあり、

かなり内容の濃ゆい2日間でしたね。

 

セミナーでの実技を通して、

皆さんの声が「本来の響き」にもどっていく瞬間がいつも大好きで、

今回もほんと楽しかったです。

 

おそらく情報量の多さにパンク状態かもしれませんが、

大切なのは「たった一種類の手技と考え方」です。

 

あらゆる場面で評価‐介入‐再評価を実践すること。

そして今回伝授したタッチで相手の運動パターンを誘発し、

刺激に対する反応を評価し、

効率のよい動きへと、動的ななかで自由度を広げていく。

 

またそこから得られた反応と日常生活動作時の動きのパターンとの関連をみていく。

 

例えば

(評価①)発声場面を評価すると頸部が伸展するにしたがって嗄声がつよくなる。

(評価②)頸部の屈曲伸展時の評価すると、頸部前面筋が特に頸椎伸展方向へ誘導した時に筋緊 張を維持できずに頭部がストンと後屈していまう。

(介入後の再評価①)3か所ほど脊柱の調整をした後に、再度頸椎の伸展運動をみると頸部前面筋の緊張を最後まで維持できており、初めのようにストンと後屈することもなく、本人自身も頸部前面筋が働いている感覚も認識できた。

(再評価②)頸椎を徐々に伸展させながら発声をしても嗄声はなく自然と声量も増大

 

さらに頸部前面筋に比し、後頚部の緊張が高いのはなんでかなと、基本動作を見てみると座位や立位で腰背部の筋で支えており腹部の緊張は低い。

寝返り動作においても腹部の収縮を出すために頭部を挙上させて代償させている。

嗄声のない良い声を持続するためには、座位や立位場面、寝返り時などに背面ではなく腹部が働きやすい体の使い方を再学習していく必要があると考え、寝返り動作のパターンの修正を行う。

パターン修正後は寝返り動作の際に自然と腹部が収縮する感覚を認識できた。

このように頸部前面筋の活動を妨げるような要因を一つ一つ除外していけると、より効率の良い介入ができると考えています。

 

という流れで受講生の状態をその場で評価-介入していきながら実際の評価‐介入‐再評価というプロセスを体験していただきました。

 

あらゆる日常生活動作において頭頚部は代償的に働いてしまうので、

STとしてそれが呼吸、発声、構音などを妨げる要因となっていないかを把握する必要があります。

いろんなところからの影響があると知るとやはりPTさんやOTさんともっと連携しないとと気付きます。

 

多くの気付きがあった二日間

おそらく半年後、1年後の臨床は大きく変わっているでしょう。

これから仙台のSTさんたちの活躍がとても楽しみです。

 

 奥住啓祐

 

STセミナーのLINE@を作りました♫

セミナーの案内を早く知りたい方

ブログ更新情報を受け取りたい方は登録をお勧めします。

LINE@ID:@aer0053h

 

○紹介

私も訪問やデイサービスでの初期評価時に活用させて頂いている

荒木謙太郎先生のスクリーニングテスト「STAD」をまだご存知ない方はこちらからどうぞ!

 ⇒ STAD公式ホームページ - 言語障害スクリーニング STAD

 

 

言語聴覚士ブログランキングに参加してます。
画像をクリックして頂けると嬉しいです。


言語聴覚療法ランキング


 
今年も全国で
言語聴覚士のためのSTセミナーを今年も開催予定です。

各会場の申込み受付はLINE@登録者から優先的に受け付けを行います。
 
(STセミナー予定)
5月20日、21日   福岡 終了

7月1日、2日    大阪 終了

9月2日、3日    愛知  修了

9月30日、10月1日 札幌  終了

10月14日、15日  仙台 終了

10月25日     福岡ナイトセミナー

 年明け予定 沖縄 受付準備中
  

詳細は下記の記事をご参照ください。

 

言語聴覚士ブログランキングに参加してます。
画像をクリックして頂けると嬉しいです。


言語聴覚療法ランキング



 
奥住啓祐
言語聴覚士 メンタルヘルス
 
○過去開催したセミナー
言語聴覚士のためのSTセミナー(呼吸発声編、摂食嚥下編、セラピストの体作り、頭蓋)

理学療法士のための「刺激に対する反応」セミナー

社会福祉法人の職員むけ研修(摂食嚥下、失語症
・デイサービスの職員向け研修(サービスの質向上のためには)

訪問看護ステーションの職員向け研修 (摂食嚥下障害)

・訪問STについて
・疾病予防について
・自律神経の見える化の意義

・自律神経のセルフケア
・自律神経調整法について
パーキンソン病と摂食嚥下障害

福岡ナイトセミナー

2週続けて東京、福岡での修行が終わりました。

今年、福岡や名古屋で開催したSTセミナーに参加してくれたSTさんたちも参加して頂きありがとうございました。

まさに言葉通り、別次元の変化を体感できたのではないでしょうか。

 

福岡では次回12月2日を予定しています。

まだ募集開始していませんが、すでに定員いっぱいになりそうで今から楽しみです。

 

また福岡のSTセミナーに関して、平日夜にも開催していきます。

第一回は10月25日(水)19時~22時

STセミナー① 「評価‐介入の基本的な考え方とタッチ」

場所:地下鉄の薬院大通り駅近辺

料金:10,800円

定員:6名

 

申し込みは

①名前、②所属、③経験年数を記入し

メールタイトルに「福岡ナイトセミナー」を明記の上

seo.stseminar@gmail.com

までご連絡ください。

 

セミナー受講前にこちらの記事についてもお読みください。

st-keisuke.hatenadiary.jp

 

 

今年STセミナーを受講された方を対象とした

STスキルアップ研修についても11月ごろの開催を検討しています。

もうしばらくお待ちください。

 

 

 

 

STセミナーのLINE@を作りました♫

セミナーの案内を早く知りたい方

ブログ更新情報を受け取りたい方は登録をお勧めします。

LINE@ID:@aer0053h

 

○紹介

私も訪問やデイサービスでの初期評価時に活用させて頂いている

荒木謙太郎先生のスクリーニングテスト「STAD」をまだご存知ない方はこちらからどうぞ!

 ⇒ STAD公式ホームページ - 言語障害スクリーニング STAD

 

 

言語聴覚士ブログランキングに参加してます。
画像をクリックして頂けると嬉しいです。


言語聴覚療法ランキング


 
今年も全国で
言語聴覚士のためのSTセミナーを今年も開催予定です。

各会場の申込み受付はLINE@登録者から優先的に受け付けを行います。
 
(STセミナー予定)
5月20日、21日   福岡 終了

7月1日、2日    大阪 終了

9月2日、3日    愛知  修了

9月30日、10月1日 札幌  受付終了

10月14日、15日  仙台 募集中

10月25日     福岡ナイトセミナー

 年明け予定 沖縄 受付準備中
  

詳細は下記の記事をご参照ください。

 

言語聴覚士ブログランキングに参加してます。
画像をクリックして頂けると嬉しいです。


言語聴覚療法ランキング



 
奥住啓祐
言語聴覚士 メンタルヘルス
 
○過去開催したセミナー
言語聴覚士のためのSTセミナー(呼吸発声編、摂食嚥下編、セラピストの体作り、頭蓋)

理学療法士のための「刺激に対する反応」セミナー

社会福祉法人の職員むけ研修(摂食嚥下、失語症
・デイサービスの職員向け研修(サービスの質向上のためには)

訪問看護ステーションの職員向け研修 (摂食嚥下障害)

・訪問STについて
・疾病予防について
・自律神経の見える化の意義

・自律神経のセルフケア
・自律神経調整法について
パーキンソン病と摂食嚥下障害

「評価-介入-再評価」の実践

名古屋でのSTセミナーが終了しました。
毎日、各地域の受講生からメールが届き、
私自身そのメッセージから気付いた事を返しています。
 
そうやって気付きのやり取りをする中で、
おもしろい発見がたくさんあるんです♪
 
STセミナーで大事にしているのはシンプル
 
「評価‐介入-再評価」
 
これだけ聞くと今更なにをと思われる方も多いでしょうが、
1カ月ごとに実施する検査ではなく、
毎回の介入の中で行う「評価-介入-再評価」のことです。
 
例えば、セミナー後に
これまでやっていた頸部のストレッチを行う前後に頸部前面筋のトーンの評価をしてみると、トーンを緩めたかったはずが、介入直後の評価でトーンが高くなっていたと気付いたそうです。
 
視点を変えて、座位バランスへの介入を実施し、再度頸部前面筋のトーンを評価すると、トーンが緩んでおり、喉頭の動きが良くなり、結果的に咽頭残留の改善につながったと報告してくれました。
 
もちろんCVAの場合、頭頚部の麻痺による問題はりますが、
頭頚部が受ける様々な影響を考慮し、
どこから介入するのがより効率が良いかを、
広い視点で考えていけるといいですね。
 
昨夜も病院で働くST課の管理者の方が福岡の事務所に来られ、
自分の体で「評価-介入-再評価」をしながら声や体の変化を体感してもらいました。
 
その中で、病院のST課として
全身から頭頚部の事を見ていくことをPTさんやOTさんたちにも了承を得て、
「みんなで取り組んでいく」との話を聞いてとても嬉しく思いました。
 
大学病院のお医者さんからも
私のアプローチ法に関心をもって頂いており、
これから一緒に面白いことができるかもしれません。
 
また最近PTさんからもアプローチ法について興味をもって頂く方が増えており、
何かしらの形でお伝えする機会をつくれたらと考えています。
 
前へ進みたいと思ったその瞬間から
一歩一歩前へ進んでいきましょう。
 
 STセミナーの札幌会場は受付終了したため、
現在申し込み可能なのは仙台会場になります。
 
また年明けに沖縄での開催を予定しています。
 
皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。
 
 

 奥住啓祐

 

 

 

 

STセミナーのLINE@を作りました♫

セミナーの案内を早く知りたい方

ブログ更新情報を受け取りたい方は登録をお勧めします。

LINE@ID:@aer0053h

 

○紹介

私も訪問やデイサービスでの初期評価時に活用させて頂いている

荒木謙太郎先生のスクリーニングテスト「STAD」をまだご存知ない方はこちらからどうぞ!

 ⇒ STAD公式ホームページ - 言語障害スクリーニング STAD

 

 

言語聴覚士ブログランキングに参加してます。
画像をクリックして頂けると嬉しいです。


言語聴覚療法ランキング


 
今年も全国で
言語聴覚士のためのSTセミナーを今年も開催予定です。

各会場の申込み受付はLINE@登録者から優先的に受け付けを行います。
 
(STセミナー予定)
5月20日、21日   福岡 終了

7月1日、2日    大阪 終了

9月2日、3日    愛知  修了

9月30日、10月1日 札幌  受付終了

10月14日、15日  仙台 募集中

 年明け予定 沖縄 受付準備中
  

詳細は下記の記事をご参照ください。

 

言語聴覚士ブログランキングに参加してます。
画像をクリックして頂けると嬉しいです。


言語聴覚療法ランキング



 
奥住啓祐
言語聴覚士 メンタルヘルス
 
○過去開催したセミナー
言語聴覚士のためのSTセミナー(呼吸発声編、摂食嚥下編、セラピストの体作り、頭蓋)

理学療法士のための「刺激に対する反応」セミナー

社会福祉法人の職員むけ研修(摂食嚥下、失語症
・デイサービスの職員向け研修(サービスの質向上のためには)

訪問看護ステーションの職員向け研修 (摂食嚥下障害)

・訪問STについて
・疾病予防について
・自律神経の見える化の意義

・自律神経のセルフケア
・自律神経調整法について
パーキンソン病と摂食嚥下障害

いまここに集中する

 

 去年あたりから、出会う人がまた変わってきており、

中でも一流のプロという方々と接する機会が自然と増えた。

 

皆さん医療関係者でない。

 

ブライダルや芸能人のヘアメイクで全国飛び回っている方。

 

音楽で観衆を魅了する方。

 

古典のフラダンスを教えている方。

 

体に触れなくても、相手を倒したり、元気にしちゃう方。

 

など職業はバラバラ。

そんな方々との出会いの中で私自身多くの気付きがあり、

私自身の在り方を見直すきっかけにもなっている。

 

ある方は治療するときに「人をエネルギ―(光)で観る」と話してくれた。

 

ある踊り手の方は、その時その場のエネルギーを感じて体が自然と動き出すそうだ。

 

意味が分からないと思う方いるだろうが、

 

共通していることは

そこに至るまで情熱をもってコツコツ継続しており、

何より今この時も、より高みへ向かって進んでいる事だと思う。

 

またある方は、ヘアメイクをする時に、

相手の事を本気で好きになり恋をすると話してくれた。

ヘアメイクのその瞬間、

自分の恋人を本気で綺麗にする。

その為に全力で準備をするんだ。と

 

そういうのを聞くたびに自分自身の人との向き合い方を考えさせられる。

 

あなたはこういったプロの言葉に何を感じるだろうか。

 

 

まずは何をするにしても、

「今この瞬間」に全力で集中できるよう意識していきたい。

 

そしてプロの方がより高い精度でパフォーマンスが出来るよう

プロとして向き合っていきたい。

 

 

 奥住啓祐

 

 

 

 

STセミナーのLINE@を作りました♫

セミナーの案内を早く知りたい方

ブログ更新情報を受け取りたい方は登録をお勧めします。

LINE@ID:@aer0053h

 

○紹介

私も訪問やデイサービスでの初期評価時に活用させて頂いている

荒木謙太郎先生のスクリーニングテスト「STAD」をまだご存知ない方はこちらからどうぞ!

 ⇒ STAD公式ホームページ - 言語障害スクリーニング STAD

 

 

言語聴覚士ブログランキングに参加してます。
画像をクリックして頂けると嬉しいです。


言語聴覚療法ランキング


 
今年も全国で
言語聴覚士のためのSTセミナーを今年も開催予定です。

各会場の申込み受付はLINE@登録者から優先的に受け付けを行います。
 
(STセミナー予定)
5月20日、21日   福岡 終了

7月1日、2日    大阪 終了

9月2日、3日    愛知  修了

9月30日、10月1日 札幌 募集開始

10月14日、15日  仙台 募集開始

 年明け予定 沖縄 受付準備中
  

詳細は下記の記事をご参照ください。

 

言語聴覚士ブログランキングに参加してます。
画像をクリックして頂けると嬉しいです。


言語聴覚療法ランキング



 
奥住啓祐
言語聴覚士 メンタルヘルス
 
○過去開催したセミナー
言語聴覚士のためのSTセミナー(呼吸発声編、摂食嚥下編、セラピストの体作り、頭蓋)

理学療法士のための「刺激に対する反応」セミナー

社会福祉法人の職員むけ研修(摂食嚥下、失語症
・デイサービスの職員向け研修(サービスの質向上のためには)

訪問看護ステーションの職員向け研修 (摂食嚥下障害)

・訪問STについて
・疾病予防について
・自律神経の見える化の意義

・自律神経のセルフケア
・自律神経調整法について
パーキンソン病と摂食嚥下障害